エラーコンソール

エラーコンソール

エラーコンソールとは
ブラウザの開発者ツール(デベロッパーツール)で参照することができます。
システムエラーがある場合、ページ更新の際にエラーが赤字で表示されます。
画像が表示されないなど、画面表示に問題がある場合にお問い合わせいただく際、ブラウザのエラーコンソールのスクリーンショットをあわせて送っていただくと原因究明に役立ちます。

エラーコンソールの開きかた

Google Chromeをお使いの場合
ブラウザ右上の「」 > 「その他のツール」 > 「デベロッパーツール」をクリックします。
ショートカットキーでも起動できます。
Windows : Ctrl + Shift + I
Mac : ⌥ + ⌘ + I

「Console」を開きます。
ここで赤字になっているものがエラー画面になります。
デベロッパーツールは別ウインドウや画面左右、画面下に表示されることもあります。
エラーコンソールを開きながら、ページの再読み込みを行い、エラー内容を最新の表示にしてください。


Firefoxをお使いの場合
ブラウザ右上の「」 > 「ウェブ開発」 > 「ウェブ開発ツール」をクリックします。
ショートカットキーでも起動できます。
Windows : Ctrl + Shift + I
Mac : ⌥ + ⌘ + I

「Console」を開きます。
ここで赤字になっているものがエラー画面になります。
デベロッパーツールは別ウインドウや画面左右、画面下に表示されることもあります。
エラーコンソールを開きながら、ページの再読み込みを行い、エラー内容を最新の表示にしてください。


Edgeをお使いの場合
ブラウザ右上の「」 > 「その他のツール」 > 「開発者ツール」をクリックします。
ショートカットキーでも起動できます。
Windows : Ctrl + Shift + I

「Console」を開きます。
ここで赤字になっているものがエラー画面になります。
デベロッパーツールは別ウインドウや画面左右、画面下に表示されることもあります。
エラーコンソールを開きながら、ページの再読み込みを行い、エラー内容を最新の表示にしてください。


Safariをお使いの場合
「Safari」 > 「設定」 > 「Advanced」 > 「開発メニューを表示する」 にチェックを入れます。

「開発」 > 「web inspector を表示」 > 「Console」 をクリックし、画像が表示されない画面のページを何度か再読み込みしてください。
赤字で表示された文字がエラーメッセージになります。
「Console」を開きます。
ここで赤字になっているものがエラー画面になります。
デベロッパーツールは別ウインドウや画面左右、画面下に表示されることもあります。
エラーコンソールを開きながら、ページの再読み込みを行い、エラー内容を最新の表示にしてください。