Gyazoの安全性、セキュリティについて

Gyazoの安全性、セキュリティについて

自分の画像は他の人にも公開されますか?
他の人に画像ページのURLを知らせない限り、画像にアクセスできるのはアップロードした本人のみです。
URLを知らせない限り、他人へ画像が公開されることはありません。

Gyazoデスクトップ画面のキャプチャとアップロード画像ファイルのアップロードを行うと、それぞれの画像ページに固有のURLが付与されます。そのURLを知っている人だけが画像ページにアクセスすることができます。

他の人に画像を共有すると、その人はウェブブラウザから画像ページのURLにアクセスして画像を閲覧できます。

画像のURLは、ハッシュ関数で暗号化されており、例えば次のような形式です。

この暗号部分は 2の128乗 の可能性があるため、
340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456 通りものURLが存在しうることになり、数学的に見て、Gyazoの正しいIDを推測するのが非常に困難であることが分かります。

またGyazoではDoS攻撃への対策もとられているため、大量のアクセスを通じてIDを割り出すことは不可能です。

画像を共有するオプションを指定すれば、 画像の属性情報 (アプリケーション名・タイトル・URL・OCRスキャン情報)も共有できます。

画像ページに表示される「関連画像」を見ることができるのは画像をアップロードした本人のみです。画像をシェアしても関連画像は他人からは閲覧されることはありません。