Helpfeel Elementをデバッグする方法

Helpfeel Elementをデバッグする方法

Chrome ウェブストアからTampermonkeyをダウンロードします
弊社(Nota Inc.)は、Tampermonkeyの開発元ではありませんが、Tampermonkeyは非常にユーザー数の多い人気ツールです。



Tampermonkeyのダッシュボードを表示し、新規スクリプトの作成ボタンを押し、以下のコードを記述します


@matchには、あなたのサイトのドメインを書きます
サイト名がhttps://yourdomain.comならば
https://*.yourdomain.com/* のように記述するとよいでしょう

Your code here... 以下に以下のコードを記述します
javascript
const script = document.createElement('script')
script.async = true
script.dataset.projectName = 'yourproject' // 御社のHelpfeelのプロジェクト名
script.src = 'https://helpfeel.com/projects/js/helpfeel-element.js'
document.head.append(script)

Tampermonkeyの「ファイル」メニューから「保存」を選びます。
これで、「インストール済みUserScript」に「New Userscript」という名前で保存されます。

以上で完了です。@matchに設定したサイトに行って、ブラウザのリロードボタンを押してください。Helpfeelボタンが表示されるはずです。
表示されないとき...
ブラウザのツールバーのTampermonkeyのアイコンが赤く光っているか確認しましょう
これが光っていなければ、 @match の書き方が間違っています。
光っているとき
エラーがでている可能性が高いです。
ブラウザの開発ツールでConsoleタブを表示し、エラーメッセージを確認しましょう

Helpfeelボタンが出るがNot Foundなどのエラーが表示される
projectName に問題があります
Nota株式会社の担当者までお問い合わせください
Powered by Helpfeel