【エンタープライズ向けDX推進】問い合わせ削減を実現する FAQシステム導入の勝ちパターン

101872114e949ed1d664c4e670e4e4fe
無料セミナーに申し込む

プログラム内容

エンタープライズ向けのカスタマーサポートのDX推進について、問い合わせ削減のベストプラクティス、ツール選定の考え方、効果測定事例をご紹介します。実際の事例に基づいたここだけの内容をお話しさせていただきます。

▼こんな方におすすめ
・カスタマーサポートのDXを推進したい
・コロナ時代にテックタッチを改善したい
・大きい組織でスムーズに導入したい
・どのツールを選んでいいかわからない

セミナー資料を試し読み↓

 

登壇者情報

_DSC0008-1
宮崎 圭太(Nota Inc.)
外資ITベンダーでエンタープライズ向けのテクニカルサポートに従事、部門初となるアンチパターンのメールマガジン発刊で数百社の購読を達成。現場レベルでの顧客へのEducationや、大きな問題に対しては開発部門へのEscalationと ”よりよく” 製品を利用してもらうことに邁進。2020年よりNota Inc.のプロジェクトマネージャーに従事。
rakusai_prof
洛西 一周(Nota Inc.)
1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。 「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代から紙copiなどのソフトウェアを開発する。2007年より渡米してNota, Inc.を設立。スクリーンショット共有のGyazoやナレッジ共有基盤のScrapboxを運営する。Gyazoは月間1000万UUで世界トップシェアを持つ。現在は新サービス「Helpfeel」の開発に邁進中。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ。

参加申し込みフォーム