【アーカイブ動画】〜 みずほ銀行が問う〜 地銀DX先駆者「伊予銀行」の「検索型FAQ」を活用した顧客接点改善の最前線

iyo-bank-ogp
動画を見る

プログラム内容

※セミナーのアーカイブ動画をご視聴いただけます

CX Academiaは、カスタマーサポート部門やコンタクトセンター部門の管理職の皆様に、先進企業が実践しているCX改善のベストプラクティスを習得いただくためのイベントです。

第2回には、株式会社伊予銀行の高橋 竜平氏がゲストスピーカーとして登壇。「伊予銀行はD-H-D Bank(※1)へ」をスローガンに、窓口に設置されたタブレットを操作するだけでたった6分で口座開設を完了できる「AGENT」、住宅ローンの返済シミュレーションを簡単に行えるスマートフォン向けアプリ「HOME」など、様々なデジタルサービスを提供している同行。地銀DXの先駆者である同行が展開している「検索型FAQ」を活用した顧客接点改善の取り組みについてパネルディスカッション形式で伺いました。

※1:「Digital - Human - Digital Bank」のこと

そして、モデレーターを務めるのは株式会社みずほ銀行の大櫃 直人氏。Nota株式会社 代表取締役の洛西 一周とともに、同行の先進的な取り組みに鋭く切り込みました。

▼こんなことを話しています
  • 伊予銀行におけるこれまでの顧客接点改善に向けた取り組み
  • 顧客接点改善のために伊予銀行が「検索型FAQ」を導入した理由
  • 「検索型FAQ」による顧客接点改善の効果
以下のフォームをご入力の上、送信完了後に動画をご視聴いただけます。