チャットボットとの違い

チャットボットとの違い

Helpfeelの検索アルゴリズムは機械学習ではなくHelpfeelを支える技術を基に柔軟なユーザーの検索の対応ができるようになっています。

チャットボットは質問を最初から最後まで文章を書かなければいけませんが、Helpfeelは単語だけで調べることができます。
言葉が思いつかない人のためによく見られている言葉言葉のヒントの機能で、思いつきを助けます。

Helpfeelはチャットボットと異なり、シナリオや機械学習用のデータを不要としていることに強みがあります。

ルールベース(シナリオ)型のチャットボットは…
ユーザーの口語的な質問も考慮して、膨大なシナリオの設定が必要です。
複雑な質問をしようとすると会話がストップしてしまい、ユーザーは似たようなことをまた問い合わせで書き直さなければいけません。
AI (機械学習) 型のチャットボットは…
事前に多くの問い合わせデータが必要です。
データの質に回答精度が左右されます。
精度の向上のために再学習・チューニングといった地道な調整が必要です。

Helpfeelには膨大なシナリオ分析や問い合わせデータは不要です。弊社のテクニカルライティング担当がヘルプページに沿った適切な質問文を設計しますので導入直後から成果がでます。また、運用中もGoogle Analyticsの解析結果を元にピンポイントの調整で検索精度を確実に向上されるだけでなく、FAQの文の質も向上します。

補足
Helpfeelはお客様のサービス上のチャットボットとの併用も可能でございます。