革新的な検索技術

Helpfeelにはどんな曖昧な質問表現にも答えられる「意図予測検索」が搭載されています。
慶應義塾大学の増井俊之教授によって研究された世界初のアルゴリズムです。

従来FAQの50倍に拡張された
質問予測パターン

Helpfeelでは質問の予測パターンを50倍以上に拡張し、言葉の違いだけではなく、同じ言葉でも漢字表現とひらがな表現の違い、送り仮名の違い、スペルミスや、感情的、抽象的な表現などにも対応しています。

50倍に拡張された質問予測パターン
「質問に対して回答を探す」のではなく、「言葉にマッチする質問を提示する」仕組み

従来のチャットボット等の手法では、1つの質問からそれに当たる答えを1つ探していました(1対1の関係)。そのため大量のデータとチューニングが必要でしたが、Helpfeelは逆に言葉からお客様が意図する「質問を探す」仕組みになっています。

従来のFAQとHelpfeelの仕組み
従来FAQの1000倍高速の応答速度

Helpfeelは言葉から質問を探すアプローチで、文字を入力した瞬間に結果が表示される爆速FAQシステムを構築しています。従来の平均的FAQシステムは約1秒かかっていた応答が、Helpfeelでは、約1000倍高速の0.001秒の応答速度を実現しました。

1000倍高速の応答速度
スタートアップの登竜門と言われるIVS LaunchPadにて代表洛西が
Helpfeelについて発表しました。
 
まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ(平日9:00 〜 17:00)
050-3628-9282