LINE公式アカウントにヘルプページへの導線を設置する

LINE公式アカウントに導線を設置する

CASE STUDYブログでは、Helpfeelの便利な活用事例をご紹介しています。

今回は、LINE公式アカウントのリッチメニューにヘルプページの導線を設置するアイデアをご紹介します。

LINE公式アカウントに導線を設置する

ユーザーとの接点が多いリッチメニューに導線を設置することによって、ユーザーが疑問を持った際にすぐ検索することができます。

LINE公式アカウント上で問い合わせのやりとりを行なっている場合は、ユーザーが問い合わせをする前にヘルプページの閲覧を促すことも可能になります。

導線を設置している事例

グッデイ
グッデイのLINE公式アカウント

homeal
homealのLINE公式アカウント

yondemy(会員向け)
yondemyLINE公式アカウント

LINE公式アカウントを積極的に運用しているお客様は、ぜひお試しください!

Helpfeelでは、カスタマーサポートとエンドユーザーがともに快適に使えるサービスを目指して、これからも機能開発を進めてまいります。

お困りごとやご要望がありましたら、当社担当までお気軽にお申し付けください!

どんな質問にも答える革新的な検索型FAQシステム「Helpfeel(ヘルプフィール)」
https://helpfeel.com/

お問い合わせはこちらから
https://helpfeel.com/contact

 

機能や料金の詳細について
まずは資料をご確認ください